スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

辺野古飛行経路拡大のことなど

琉球新報より
辺野古飛行経路 拡大ならアセス見直し
【東京】米軍普天間飛行場の名護市辺野古への移設をめぐり、米政府側が、沖縄側への日本政府の飛行経路の説明が誤りと指摘し、実際は大幅に拡大すると主張している問題で、専門家からは米軍飛行の実態に即すれば環境影響評価(アセスメント)自体が成り立たないとの厳しい指摘が出ている。防衛省内にも米側運用を認めればアセス見直しは不可避との声も出ている。米側の指摘は住民地域への騒音による影響回避をうたってきた辺野古への移設合意自体を根底から崩すもので、8月末の日米専門家協議の報告書での表記が焦点に急浮上している。
 沖縄大学前学長で環境アセスメント学会評議員の桜井国俊氏は「日本の説明と米軍の運用が違うので、原理的にアセスが成り立たない」と厳しく指摘。米軍が運用する基地について日本側がアセスを実施することに限界があるとした。さらに米海兵隊次期主力輸送機MV22オスプレイの配備計画でも過去にあった日本政府の“情報隠し”の体質も批判した。
 防衛省の前田哲報道官は24日の記者会見で、一般論と断った上で「周辺住宅地への騒音の影響を最小限にするとの考え方は変わっていない。米側にも配慮を求めていくのは当然」と述べ、あくまで住民への影響が小さくなる飛行経路としていることを強調した。
 飛行経路などを含む日米協議の内容については「日米合意で示された8月末に向けて検討が精力的に行われている。現時点で検討状況については差し控えたい」と話した。
 米側が日米協議で飛行経路拡大を求めていることについて岡田克也外相は24日の会見で「現時点では申し上げることはない。そういった記事は承知している」と述べるにとどめた。


集落の上は飛行しない、だから騒音はたいしたことないんだ…これが環境影響評価の「結論」です。しかし、アメリカの本音が出ました。基地ができれば、自由に飛行する、住民のことなんか、考えないんだ…ということです。
これに関連して、四国新聞

新たな飛行経路の明記見送り/普天間移設で日米
日米両政府は26日、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古崎移設に関する課長級の実務者協議を外務省で開いた。米側の求める新たな飛行経路について協議した結果、日本側が変更に慎重な姿勢を崩さず、報告書への明記を見送る方針を決めた。協議は27日も続行し、31日に報告書を公表する予定だ。
 米側は今月9、10日の協議で、これまで集落上空を回避できるとしてきた滑走路2本のV字形で有視界飛行する際、従来の日本政府の説明よりも陸上に近接した空域を飛ぶとの見解を伝達。日本政府は日米合意の根幹を崩しかねない上、沖縄側の反発を招くとして、地元に従来説明してきたルートの維持を求めている。ただ米側は新たな経路を変更しない考えで、明記を見送っても大きな火種となりそうだ。
 報告書案では現行計画に沿ったV字と、埋め立て面積が25%減るとして日本が新たに提案した滑走路1本のI字形を併記する。滑走路1本の長さはいずれも1800メートルとし、騒音や安全性などの面で双方の長短を列挙するが、米側は「主体はあくまでV字で、I字は付記にすぎない」と主張している。


だまそうったって、そうはいきませんよ~

もう一つ、琉球新報より
辺野古に自衛隊常駐 普天間代替施設
【米ワシントン24日=与那嶺路代本紙特派員】米軍普天間飛行場移設問題で、防衛省が名護市辺野古の代替施設に自衛隊を常駐させる案を検討していることが分かった。日本政府案として日米協議の場で提示した。5月の日米声明に「日米間の施設の共同使用」が盛り込まれ、詳細は今後の検討事項とされていた。共同使用の形態が明らかになるのは初めて。自衛隊が常駐すれば、地元から基地強化につながるとの反発が噴き出しかねない。米側は軍の運用が制限されることから難色を示している。常駐させる部隊と規模、飛行訓練を伴うかなどをめぐり、米側との交渉は曲折がありそうだ。
 防衛省が常駐を求める理由に、自衛隊の訓練地域の拡大や技術向上などがあるが、人口増加により経済的効果が生まれ、地元に受け入れられやすいとの見方もある。
 米軍と自衛隊の共同使用については、5月末の日米共同声明で「両政府は(略)米軍と自衛隊との間の施設の共同使用を拡大する機会を検討する意図を有する」と明記。
 英文では「Shared Use」と表記されている。
 この英文を、日本側は「自衛隊の常駐を前提とする共同使用」ととらえ、5月以降、省内で検討を加速し、米側に提案した。
 だが米側は、代替施設はあくまで米軍管理で、軍の許可の下で自衛隊に使わせる「常駐を伴わない一時使用」と理解。共同声明文の解釈が分かれ、使用形態をめぐる互いの利害が一致せず、結論には至っていない。
 県内では、米軍再編合意に基づき2008年からキャンプ・ハンセンで陸上自衛隊の共同使用が行われている。
 この際の共同使用は、米軍の訓練に空きがある期間、陸自が施設を使用する形態をとっている。両政府は9月以降も協議を続ける。


米軍基地を自衛隊も使う、共同訓練をドンドンやるということです。
海兵隊と共同訓練して、本当に他国に強襲上陸して攻撃の出来る自衛隊になるつもりなんでしょうか?
米軍再編とは、自衛隊強化とも繫がっています。
スポンサーサイト

テーマ : 沖縄米軍基地問題
ジャンル : 政治・経済

プロフィール

高松行動

Author:高松行動
小豆島から、沖縄・辺野古に基地建設のための土砂が運び込まれようとしています。沖縄の基地問題は、遠い沖縄の問題ではなく、本土の私たちが真剣に考えないといけない問題です。

みんなでできることを、しなやかに行動しましょう!
連絡は下のメールフォームからお願いします(^^)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
2010年国際ジュゴン年
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。