スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

辺野古アセス年内提出/名護市長「辺野古案白紙化を」

四国新聞WEBより
官房長官、アセス年内提出へ/普天間移設で

藤村修官房長官は17日午前の記者会見で、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の県内移設先として日米が合意した名護市辺野古のアセスメント結果をまとめた「環境影響評価書」について、「年内に出すことになると思う」と述べ、年内提出の方針を表明した。これに先立ち、一川保夫防衛相は、沖縄県の仲井真弘多知事と県庁で会談し、「できたら年内に提出できるよう準備を進めている」と述べた。
 評価書提出は、政府が辺野古移設へ動きだす明確な意思表示となる。ただ、県外移設を求める沖縄側の姿勢は固く、今後政府が厳しい判断を迫られる場面もありそうだ。


環境影響評価書が提出されたからといって、2年前にこの「アセスとの攻防」を繰り返した人たちにとって、いわば「提出を止めてきた」という実績があります。これからも基地建設・埋立て工事開始を許してはなりません。

名護市長「辺野古案白紙化を」/普天間で防衛相に要請

一川防衛相は17日、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の県内移設先として日米が合意した名護市の稲嶺市長と同市役所で会談、名護市辺野古のアセスメント結果をまとめた「環境影響評価書」を政府が年内に県へ提出する方針を固めたことを説明し理解を求めた。稲嶺氏は「辺野古移設は白紙に戻すべきだ」と主張、政府の対応を厳しく批判した。
 一川氏は、民主党が県外移設を掲げながら辺野古案に戻った経緯を「おわびする」と陳謝。稲嶺氏は「政府は沖縄の世論を考慮せず米国に追従している」と非難。評価書提出に関し「提出で事実がつくられるのではとの心配がある」と不信感をにじませた。


「防衛は素人」なら、普天間基地の危険性と、辺野古の海の埋立てはアカンということが、なぜ分らないのか
スポンサーサイト

テーマ : 沖縄米軍基地問題
ジャンル : 政治・経済

コメント

非公開コメント

プロフィール

高松行動

Author:高松行動
小豆島から、沖縄・辺野古に基地建設のための土砂が運び込まれようとしています。沖縄の基地問題は、遠い沖縄の問題ではなく、本土の私たちが真剣に考えないといけない問題です。

みんなでできることを、しなやかに行動しましょう!
連絡は下のメールフォームからお願いします(^^)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
2010年国際ジュゴン年
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。