スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

沖縄防衛局は、解体だぁ~

こちらのエントリーでも紹介しましたが、普天間基地のある宜野湾市の市長が病気のため辞任することになり、選挙が行われるわけです。
その中で、沖縄防衛局局長が、職員で宜野湾市に住む人、親戚などが宜野湾市に住んでいる人のリストを作成し、選挙介入と受け取られかねない「講演」をしていたことが分りました。四国新聞WEBより…
防衛省、宜野湾市長選の講和提出/局長、自公候補支援を示唆
 防衛省は2日午前、米軍普天間飛行場を抱える沖縄県宜野湾市長選に向け沖縄防衛局が職員らの有権者リストを作成し、真部朗局長が選挙介入と受け取られかねない「講話」をしていた問題をめぐり、講話内容の再現文書を提出した。宜野湾市長選について「重要な選挙」と強調している。
 同時に「特定の候補者に投票しなさいと言える立場ではない」としながらも、共産、社民、沖縄社会大衆3党からの出馬要請に応じた元市長を「県内移設反対」、自民、公明両党推薦の県議を「現状固定化を断固阻止」と紹介。自公候補支援が望ましいとの考えを示唆する内容になっている。


辺野古への新基地建設もままならないまま、MV22オスプレイが配備されようという普天間基地…宜野湾市で「基地撤去」「県外移設」の動きが高まることは目に見えています。「現状固定化を断固阻止」するためには、基地周辺での運動や国内外の世論を盛り上げ、アメリカ海兵隊に「出て行ってもらうこと。」のほうが重要なのです。そういうことはなんとしてでも「阻止」したい…防衛局長のあせりが見えてきそうですが…

沖縄防衛局の、旧防衛施設庁時代からの悪行は目に余ります。
・辺野古基地建設に対する「名護市民投票」時に名護市で戸別訪問等を行い、多数派工作を行う(これは名護市民投票に関わった人にとって、公知の事実である)
・海上阻止行動時に、かなり広い範囲の漁民に金をばら撒き、阻止行動の妨害を行わせる
・住民の反対を無視して、高江でヘリパッド工事を力づくで押し進める
・その高江の住民を「威力業務妨害」で子どもまで裁判に訴える
・内容に自信の無い「環境影響評価」報告書を、闇にまぎれてこっそり置いていく


数え上げても、きりが無い

こんな役所は、解体だぁ~
スポンサーサイト

テーマ : 沖縄米軍基地問題
ジャンル : 政治・経済

コメント

非公開コメント

内容に自信がないのではない

 昔から「環境アセスメント」ではなく「環境アワスメント」として有名。 内容は確信を持って書いている。 三次元と整合しているかは多くの18禁恋愛ゲームシナリオがそうであるのと近似しているが。

内容はないよ~

焚火派GALゲー戦線さん、コメントありがとうございます。
「環境アワスメント」という言葉は、アセス批判として私のチラシでも使っております…で、3年前の「意見書提出」時に内容をみると、ホンマ、内容が無いよ~だったのですね。調査しました→対策をするから問題ない…
おまけに今回は、MV22オスプレイ配備を「前提」にしていないという致命的欠陥もありますし…

あっ、「沖防解体」後も「基地問題(軍用地賃貸借料とか)」は残りますので、まじめな職員を集めて総理府の外局みたいなかっこうで業務継続をする必要はあります。
プロフィール

高松行動

Author:高松行動
小豆島から、沖縄・辺野古に基地建設のための土砂が運び込まれようとしています。沖縄の基地問題は、遠い沖縄の問題ではなく、本土の私たちが真剣に考えないといけない問題です。

みんなでできることを、しなやかに行動しましょう!
連絡は下のメールフォームからお願いします(^^)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
2010年国際ジュゴン年
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。