スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

年度末緊急チラシ配り

今日は定例行動日ではありませんが、脱原発でお知り合いになった香川連帯ユニオンの有志の方といっしょに、高松行動のビラまきを行うことにしました(^^)/

DSC03096.jpg
場所は、三越前、丸亀町交差点の広場付近…本当は高松駅前でやりたかったのだが、風が強いので、アーケードのあるところに。チラシを撒いてウロウロしていると、商店街の管理組合の方とおぼしき人から「ここでイベントをするなら、許可が必要です。もう少し向こうの植え込みのあたりでやってください」…とのこと。キビシイねぇ~
ちなみにユニオンの人曰く「ここの広場は公道のハズなのに、イベントやる際は商店街のパイプ椅子を使わされ、使用料を10万円取られる」のだとか…

DSC03097.jpg
ユニオンの方には「すのこにへのこ」グッズを持ってもらいました。

DSC03098.jpg
用意したチラシは50枚…白黒印刷です。午後4時半ごろから始めて、5時前にあっと言う間に撒き終わり…

以下、チラシの内容
…年度末特別編…
1.基地も原発も同じ、「犠牲の構造」
東日本大震災、そして福島第一原子力発電所の大事故から一年が過ぎます。原発は「冷温停止した」と言われていますが、炉心がどうなっているか今も把握できず、放射性物質が撒き散らかされています。事故を「収束」させようと多くの労働者が働いていますが、彼等は「被曝」を強要させられる…逆に「被曝する人」がいないと、原発事故は止まらないのです。原発は事故が起きなくても、定期検査の時に「被曝させられる」労働者が必要であり、燃料であるウランの採掘・加工にもアメリカ大陸やオーストラリア、アフリカの人たちの「被曝」を必要とします。そして、何より電力の大消費地である東京近郊には立地せず、地方の過疎に悩む所に、事故のリスクも含め追しつけられています。

沖縄の米軍基地も同様です。日本国土の0.2%(日本で一番狭い香川県は1876㎞2、沖縄本島はそれより狭い1280㎞2)しかない沖縄本島に、米軍専用基地の74%が集中しています。しかも沖縄はサンフランシスコ講和条約で日本が「独立」するとき、アメリカの軍政下に切り捨てられます。日本本土にも多くの米軍基地、海兵隊基地がありましたが、本土での反対なると、米軍は軍政下の沖縄に「銃剣とブルドーザー」で基地を作り、海兵隊を移転させたのです。いまや本土で「安保反対」を訴える人は少なく「日米同盟は必要」と言いながら、危険な米軍基地は沖縄に集中させています。
誰かが「犠牲」にならないと、回っていかない社会…これを「犠牲の構造」と呼ぶ人がいます。「差別」と呼ぶ人がいます。このような社会は、一刻も早く改めるべきです。

2.全てのマニュフェストを投げ捨てた野田政権は要らないのだ!
 野田政権は、マニュフェストに書いてあった「(民主党中心の政権4年間の)消費税率引上げは行わない」という約束を反古にして、消費税増税に突き進んでいます。消費税導入後、大幅に行き下げられた所得税や法人税、その他諸々の優遇税制を改める議論はほとんどなされていません。また消費税導入後の大企業から下請け、孫請けへの「値引き圧力」はすさまじく、正しく価格に転嫁することもできないため、多くの中小・零細業者がお客さんから預かった「消費税」を納めることができず、滞納率の一番大きな税になっています。一方、日本を代表する自動車、電機等の輸出産業では、輸出が増えた分(輸出先には日本と同じ消費税がないことから)「戻し税」として、材料、部品の購入のため一旦国内の下請け等に払った「消費税相当分」が還付されるしくみになっています。
デフレが進む中、労働組合の力は弱まり、賃上げもままならないどころか、労働組合に組織されず、いつでも首が切られる不安定雇用が増大し、「税と社会保障の一体改革」といいながら「社会保障」は削られるだけ…99%の民衆がの生活は悪くなる一方です。
一方で野田政権は、自らも含め閣僚を次々に沖縄に送り込み、「辺野古への基地建設」を押し進めようとしています。しかし、保守の県知事を含め、沖縄の「基地はいらない」という声には耳を傾けようとはしません。また、全国で反原発・脱原発の運動が盛り上がり、「電力は原発なしでも足りている」ことも無視して、定期検査中の若狭の大飯原発や愛媛の伊方原発の再稼動を進めようとしています。「ストレステスト」というのは単なるコンピューターシュミレーションでしかなく、福島第一原発の事故原因が完全に明らかになっていない以上、意味のないものです。

3.ひとりひとりが声をあげないと、ダメでしょ!
野田政権は、国民新党が連立を離脱する、小沢グループが「造反」するなど、今や風前の灯ですが、政治を「議会内での政局」や「誰か強いリーダーシップのある人に任せたい。」という考えでは、いつまでたっても状況はよくなりません。「民主主義」とは、みんなが意思決定に参加して、最適をめざそうという手間ヒマかかるものですが、手間をかけずして良い物を作れる職人などいません。
マザーテレサは「愛の反対は、無関心である」と言われました。無関心は多くの人を傷つけるだけでなく、ブーメランのように戻ってきて、あなたの家族、友人他、大切な人を傷つけ、あなた自身をも傷つけます。
 1%が99%を苦しめる社会を止めるために、昨年は世界で多くの人たちが立ち上がりました。中東、アメリカ、ギリシャ、イタリア、スペイン、そして日本でも…逆に、99%が1%を犠牲にする社会も、改められなければなりません。
                                               
ところで皆さんは、高松にアメリカ海兵隊の基地は、要りますか?
今こそ声をあげよう!沖縄に基地はいらない!原発いらない!
 「辺野古・普天間に基地はいらない高松行動」 e-mail: nisihansen@goo.jp (にしかわ)
  一人で勝手に毎月第二、第四土曜日商店街街宣! (今月は都合により、7日と21日)
ブログもあります…http://takamatukoudou.blog130.fc2.com/…


勝手に「緊急行動」と称しながら、近々に起こった「普天間爆音訴訟」のことや、北朝鮮「ロケット」とPAC3配備問題までは触れることができませんでした…その代わりといってはなんですが、消費税増税批判を行っています。
スポンサーサイト

テーマ : 沖縄米軍基地問題
ジャンル : 政治・経済

コメント

非公開コメント

プロフィール

高松行動

Author:高松行動
小豆島から、沖縄・辺野古に基地建設のための土砂が運び込まれようとしています。沖縄の基地問題は、遠い沖縄の問題ではなく、本土の私たちが真剣に考えないといけない問題です。

みんなでできることを、しなやかに行動しましょう!
連絡は下のメールフォームからお願いします(^^)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
2010年国際ジュゴン年
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。