スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

沖縄県議選 野党・中道が過半数

昨日は沖縄県議会選挙の投票日でした。その結果は…琉球新報より
野党・中道が過半数、仲井真県政に打撃">県議選 野党・中道が過半数、仲井真県政に打撃
任期満了に伴う第11回県議会議員選挙(定数48)は10日、無投票当選が決まった糸満市、宮古島市、南城市の3選挙区を除く11選挙区で投票され、即日開票の結果、野党・中道が現有26議席から27議席に増やして多数を維持した。米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設を拒む民意の強さを反映する形となった。過半数奪取を目指した仲井真弘多知事を支える与党は敗北を喫し、前回選挙の22議席から21議席に後退した。投票率は52・49%と過去最低を更新した。
 与党に近づきつつあった民主も1議席減らしたことによって、議会構成は与党が過半数に届かないことが決定的となった。仲井真県政は、今年が初年度となる第5次振興計画に基づく新たな振興政策の実現や県立病院の独立行政法人化などに向け、難しいかじ取りを迫られる。
 県政与党の自民は、浦添市区で現職の県連幹事長が落選するなど、議席を減らし、仲井真知事の求心力が低下する可能性もある。
 米軍普天間飛行場の返還・移設問題で、名護市辺野古への移設は不可能としつつ、「県内移設反対」を明言しない仲井真知事の政治姿勢に対し、野党側はさらに攻勢を強めるとみられる。識名トンネル工事の虚偽契約問題でも県の責任を厳しく追及することは必至だ。
 党派別当選者の内訳は県政与党の自民が1減の13人、公明3人、無所属5人の計21人。野党は社民が1増の6人、共産は5人を維持、社大は1増の3人、無所属・諸会派7人の計21人。中道は民主が1減の1人、そうぞうが1人を維持、国民新の1人、無所属が3人の計6人。現職は39人、新人6人、前職2人、元職1人。女性は1減の6人。
 自民は浦添の現職が落選したことで議席を減らした。社民は現職5人に加え、豊見城市区で新人が当選。共産は現職全員が再選。公明は現職が当選。民主は1議席減らした。社大は現職2人が再選し、前委員長の前職が返り咲いた。そうぞうは再選、国民新の元職は返り咲いた。


琉球新報WEB
(琉球新報WEB版より)

日本政府はこの県議会選挙で「与党」が勝てば、風向きが変わり、なんとか仲井真知事を「篭絡」できるのではないかと期待していたのでしょうが、そうはなりませんでした。

「民主主義」を単純な多数決であると考えるのは、間違いです…そうすると「基地は県外」という沖縄の世論は、国民の1%しかないから、絶対に国政では勝てない…しかし、民意を示し、つきつける方法はいくらでもあります。その一つが今回の選挙です。
 
 民意を無視し、原発再稼動、沖縄への基地おしつけ・オスプレイ配備、消費税増税に走る野田政権に、NO!を突きつけましょう! 



スポンサーサイト

テーマ : 沖縄米軍基地問題
ジャンル : 政治・経済

コメント

非公開コメント

プロフィール

高松行動

Author:高松行動
小豆島から、沖縄・辺野古に基地建設のための土砂が運び込まれようとしています。沖縄の基地問題は、遠い沖縄の問題ではなく、本土の私たちが真剣に考えないといけない問題です。

みんなでできることを、しなやかに行動しましょう!
連絡は下のメールフォームからお願いします(^^)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
2010年国際ジュゴン年
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。