スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11日に撒いたチラシ

遅くなりました、11日に撒いたチラシをアップします。
特集:オスプレイと高江と書いているわりには、高江の記述が少なすぎ…ゴメンなさい

1.とっても危険なオスプレイ…配備反対はこれからが勝負!
7月5日、沖縄ではMV-22オスプレイ配備反対の県民大会が開かれる予定でしたが、台風が近づいてきたため延期となりました。しかし東京で1000人、大阪でも300人の「オスプレイ配備反対」の集会が行われ、今オスプレイが待機している岩国でも反対運動が起こっています。沖縄では9月に再度、県民大会を開催する予定です。
8月4日、森本防衛大臣はわざわざワシントンでオスプレイに試乗し「想像以上に飛行が安定していた」と感想を述べたそうです。しかし同盟国の閣僚が乗るのに、未熟なパイロットを使って危険な訓練飛行をするハズはありません。オスプレイはオートローテーション機能が無く、片方のエンジンが止まった時にホバリングで軟着陸することができません。また飛行モードを切り替える際の規定がマニュアルに明確に定められていますが、戦闘任務や実戦を想定した訓練では規定を超えた急な切り替え操作を迫られる局面があり、墜落の危険性が大きいのです。さらにヘリは急降下した場合、回転翼による下向きの風と下降することによって生じる地面からヘリに吹き上げる風がぶつかって「渦巻き状態」(VRS)と呼ばれる不安定な状態に陥るのですが、とくにオスプレイは二つの回転翼があるため、より複雑な気流が発生し、操縦不能になりやすいのです。こうした事実はオスプレイを開発したアメリカの担当者自らが明らかにしていることです。1980年代、米軍のオスプレイの開発計画に国防次官補として関わったローレンス・コーブ氏が7月1日までに共同通信の取材に応じ、オスプレイの安全性は以前より向上したが、危険であることに変わりはなく、人口密集地に隣接する米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)配備は「危険を伴い、理解できない」と強い懸念を示しました。
20120811ビラ002

 MV-22オスプレイの過去10年間の10万飛行時間当たりの事故件数は1.28件であり、米軍全体の平均(2.46)よりも小さくなったと宣伝してきました。この事故率算出の対象は、200万ドル以上の損害か、死者を出した事故で、「クラスA飛行事故」と呼ばれます。しかし表にも表しているとおり、オスプレイは「事故隠し」をしています。アメリカの軍産複合体がどうしても実戦配備するため、オスプレイの危険性を過小に見積もってきたのです。まるで日本の「原子力ムラ」と同じじゃないですか!
 海兵隊のMV-22は、それでもまだ兵員輸送等だけにつかわれるので、それほど危険な飛び方はしないそうですが、空軍のCV-22は複雑な地形をぬって高度な任務をこなすため、事故率が大きくなります。そして米軍は2014~16年にかけて嘉手納基地に配備する計画を持っています。これが日本全国を低空飛行するといわれています。

20120811ビラ001


6月中ごろから毎週金曜日、「原発再稼動反対」を掲げて何万もの人たちが首相官邸前に集まっています。日本で多くの民衆が集まって抗議行動を行うことはすばらしいことです。しかし、「自分の頭に降りかかる」放射能には抗議するけれど、「沖縄の人々の頭上に落ちてくる」オスプレイについて無関心であることはどうゆうことなのでしょうか?
もっともオスプレイの事故率が「安全か危険か」云々の話ではないのです。日々、軍用機が轟音を立てて飛び回り、いつ大事故を起こすかという「日常」を送っている人にとっては、どうでもいいことなのです。普天間基地を無条件に返還すればよいだけの話なのです。
2.やんばる高江にヘリパッドつくらせない
7月、ノグチゲラの繁殖期が済むと、待ってましたとばかり高江のヘリパッド工事が強行されました。高江の住民や沖縄・本土の人々は、交通の便が悪い北部の地で、体を張って阻止しつづけています。人々がスクラムを組む中、警察がゴボウ抜きにして、頭越しに砂利を建設予定地に運び込んでます。こんな危険なことを許しておいてはなりません。
 辺野古の海とともに、やんばるの豊かな自然と人々の暮らしを守りましょう!                                                
ところで皆さんは、高松にアメリカ海兵隊の基地は、要りますか?
みんなで声をあげよう!沖縄に基地はいらない!原発いらない!
 「辺野古・普天間に基地はいらない高松行動」 e-mail: nisihansen@goo.jp (にしかわ)
  一人で勝手に毎月2回、土曜日商店街街宣!(今月は11日と18日)…誰か手伝って(^^)
ブログもあります…http://takamatukoudou.blog130.fc2.com/…
スポンサーサイト

テーマ : 沖縄米軍基地問題
ジャンル : 政治・経済

コメント

非公開コメント

プロフィール

高松行動

Author:高松行動
小豆島から、沖縄・辺野古に基地建設のための土砂が運び込まれようとしています。沖縄の基地問題は、遠い沖縄の問題ではなく、本土の私たちが真剣に考えないといけない問題です。

みんなでできることを、しなやかに行動しましょう!
連絡は下のメールフォームからお願いします(^^)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
2010年国際ジュゴン年
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。