スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

県民大会大成功

今日はオスプレイ配備反対の、沖縄県民大会です。
四国新聞WEBより
オスプレイ「断固拒否」/沖縄県民大会に10万人
 米軍新型輸送機MV22オスプレイの普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)配備に反対する県民大会が9日、約10万1千人(主催者発表)が参加して同市の宜野湾海浜公園で開かれ、「これ以上の基地負担を断固拒否する」と配備計画の撤回や同飛行場の閉鎖、撤去を日米両政府に求める決議をした。
 米軍基地をめぐる県民大会では過去最大の規模。オスプレイは4月以降のモロッコ、米国での墜落事故に続き、6日に米国内の市街地に緊急着陸したばかり。安全性への懸念や、過重な負担への反発が沖縄で一層強まっている。
 大会は県内各種団体でつくる実行委員会の主催で、石垣市などでも開かれた。


東京でも「国会包囲」が成功したようです。レイバーネットより
オスプレイはいらない~沖縄に連帯して
 危険な普天間基地に危険はオスプレイはいらない! 9月9日、沖縄県民大会に連帯する「国会包囲」行動が午前11時から取り組まれた。議事堂正門前は、労働組合や市民団体など様々な旗が林立し人波で埋まった(写真)。シンボルカラーの赤を身に付けている人も多い。主催者が「沖縄現地集会に10万人以上が集まった」と速報をアナウンスすると、大きな歓声と拍手が起きた。集会で高橋哲哉さんは「沖縄に長い間危険を押しつけてきたのは日本政府だが、それを許している私たちにも責任がある。本土のわれわれが声を上げてこの国の政治を変えよう」と呼びかけた。正午すぎには約1万人の参加者が手をつなぎ、国会は完全に包囲された。脱原発金曜デモの参加者も多く、「同じ根っこの問題」「デタラメ野田政権は許せない」の声が聞かれた。(M)
オスプレイ配備を阻止し、普天間基地を無条件返還させよう!

スポンサーサイト

テーマ : 沖縄米軍基地問題
ジャンル : 政治・経済

コメント

非公開コメント

プロフィール

高松行動

Author:高松行動
小豆島から、沖縄・辺野古に基地建設のための土砂が運び込まれようとしています。沖縄の基地問題は、遠い沖縄の問題ではなく、本土の私たちが真剣に考えないといけない問題です。

みんなでできることを、しなやかに行動しましょう!
連絡は下のメールフォームからお願いします(^^)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
2010年国際ジュゴン年
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。