スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

沖縄・米兵によるレイプ事件弾劾!

沖縄で、米兵による女性へのレイプ事件が起こりました。沖縄タイムス集団強姦致傷容疑、米兵2人を逮捕
 沖縄署と県警捜査1課は16日、本島中部で集団で日本人の成人女性1人を暴行したとして、米海軍の上等水兵(23)と三等兵曹(23)を集団強姦致傷の容疑で緊急逮捕した。暴行を受け、女性は首に擦過傷を負った。
 三等兵曹は容疑を認め、上等水兵は「事実は間違っている」と容疑を否認しているという。
 県警によると、米兵2人は16日午前3時35分から同4時20分ごろにかけ、本島中部の屋外で女性を暴行した疑い。


この事件に対し、沖縄では怒りの声が巻き起こっています
米兵暴行事件:増す痛みに怒りの声
 また米軍人が逮捕された。沖縄では米軍普天間飛行場への新型輸送機MV22オスプレイの配備が県民の総意を無視される形で強行されたばかり。基地の存在からもたらされる負担や被害に、県民の痛みは増すばかりだ。
 「許されない。どんな言い逃れもできない」。市民団体「基地・軍隊を許さない行動する女たちの会」の高里鈴代共同代表(72)は米兵逮捕の一報を聞き、怒りで声を震わせた。
 「基地がある限り、暴力はなくならない。米兵は勝手な行動がまかり通ると思っている」と主張する高里さんは、基地の撤廃しか選択肢はないと言い切る。
 オスプレイ配備を前に一時、普天間飛行場の全ゲート前への座り込みを主導した山城博治さん(60)は「沖縄の世論が沸騰しているということを、米兵たちは知らないのじゃないか」と憤りを隠さない。


「辺野古浜通信」が、本日台風の中、抗議行動が行われることを伝えています。
米兵によるレイプに抗議し、今日18日北中城石平へ集まります。
 オスプレイが来てから、一度も日本政府が説明した「日米合意」による事故防止策が守られているのを見たことが無い。事件が起こる度に「綱紀粛正」という米軍のことばを何百回聞いただろう、つまり、絶対に米軍は約束を守らない確信犯の「嘘吐き」ということだ。「二度とこのようなことを起こさないように対策をとる」というのなら「米軍の沖縄からの撤去」以外には解決策などない。日本はこの暴力集団を沖縄に67年間押しつけた、でも、もう沖縄に基地はいらない。

今回の事件に関して緊急行動が今日夕方行われます。

昨日の事件について緊急行動です。

『米兵2名による暴行事件糾弾 緊急抗議行動』
日時:本日(17日)午後6時~
場所:四軍調整官事務所ゲート前(北中城村石平)
呼びかけ:宜野湾市職労/普天間爆音訴訟団


この事件は、単なる米兵個人の資質や単なる「犯罪」で済ますことは許されません。
軍隊が特権をもって駐留していること(米兵はパスポート無しで日本に来る)、そこで戦争(人殺し)の訓練をしていること…この「暴力」こそが問題なのです。
スポンサーサイト

テーマ : 沖縄米軍基地問題
ジャンル : 政治・経済

コメント

非公開コメント

プロフィール

高松行動

Author:高松行動
小豆島から、沖縄・辺野古に基地建設のための土砂が運び込まれようとしています。沖縄の基地問題は、遠い沖縄の問題ではなく、本土の私たちが真剣に考えないといけない問題です。

みんなでできることを、しなやかに行動しましょう!
連絡は下のメールフォームからお願いします(^^)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
2010年国際ジュゴン年
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。