スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨日撒いたチラシ・・・高松市民を挑発!?

 昨日撒いたチラシの裏表…

1.安倍総理は、辺野古埋立て許可申請をするな!
2月2日、安倍総理大臣が沖縄を訪問し、那覇空港の拡張を早く行う等の「手土産」を持って、普天間基地の辺野古へ「移設」に理解と協力を仲井真沖縄県知事に求めました。しかし沖縄県では「保守」の政治家でさえ、「県外移設」を求めており、仲井真知事自身も、これまで辺野古への「移設」に協力していた態度を翻し、「県外移設」を公約にしてやっと2期目の知事の座についたわけです。また、地元名護市の稲嶺市長も、辺野古移設反対を掲げて当選しました。「沖縄の協力」を得ることなぞ、できません。安倍総理は「辺野古埋立て許可申請」を手土産に、アメリカ、オバマ大統領訪問を企んでいたようですが、その日のうちに「訪米前の申請は考えていない」と記者会見で言わざるを得なくなりました。
20130209001.jpg
 辺野古の海は、国の特別天然記念物でもあり、絶滅が危惧されているジュゴンがエサを食べに来る場所です。また、隣接する大浦湾は、石垣島よりも大きなアオサンゴの群生が生息する、豊かな自然が残されている海です。この浜辺を埋め立てて「環境に与える影響は少ない」ということは絶対にありません。
「原発事故」と同じように、一度失われた自然環境は、二度と取り戻すことは出来ないのです。辺野古への基地建設は絶対に認められません。安倍総理は、埋立て申請を諦めるべきです。
2.沖縄の闘いは、ますます続く…
 1月27日には、東京の日比谷野外音楽堂で「オスプレイ配備撤回!普天間基地の閉鎖・撤去!県内移設断念!東京集会」が開催され、また翌日は沖縄の全41市町村の首長と議長、県議会議員の総勢約100人以上が、オスプレイ配備撤回・米軍普天間基地の閉鎖・撤去と県内移設断を安倍総理に直接訴える「直訴」が行われました。
沖縄でも1月22日に那覇市民会館大ホールで1300人の集会が開かれ、普天間基地ゲート前での抗議行動も続いています。辺野古での座り込み行動は、8年(2369日)+3215日を越えました。そして高江ヘリパッド建設に対する闘いは、建設業者がこっそり地元民しか知らない侵入路から入り込んで、赤土を流す「環境破壊」を行うまでに至ってはいるものの、毎日阻止行動が続いています。
沖縄の基地建設反対の闘いは、止みません!

20130209002.jpg

3.高松空港にオスプレイと海兵隊基地を誘致しなイカ?
「そうは言っても、中国が軍拡を続けているし、領土問題もあるから、沖縄に海兵隊基地は必要では?」と思われる人も多いかもしれません。しかし、もし日中間で「領土」に関する小競り合いが起こっても、スグにはアメリカ軍は動きません。まずは自衛隊で対処し、その後「日米安保条約」により、米軍が出動することになります。この後、制海権、制空権を奪っていないと「海兵隊」の出番はありません。すなわち中国軍と直接対峙するのは、嘉手納基地の米空軍と、横須賀の第七艦隊です。海兵隊はしばらく嘉手納基地で「お留守番」です。
MV-22オスプレイは単なる兵員輸送機ですが、最新鋭の兵器であることには変わりがありません。ですから航続距離が長く、空中給油すれば3000㎞を一回で移動することが可能です。沖縄・普天間においておく必要はありません。
沖縄が「県外移設」と言っているのであれば、高松空港にオスプレイを配備し、周辺に海兵隊の宿舎や司令部等の施設を作ってはどうでしょうか?普天間基地の沖縄県民の雇用は200人程度ですが、海兵隊施設を作ることで、香川県内の米軍関係雇用、建設業の雇用等が増えます。沖縄の人からは感謝され、多くの人が高松にさぬきうどんを食べにやってくるかも知れません。また世間には「軍事おたく」とよばれる兵器マニア、軍用機マニアも沢山います。そのような人たちが大勢、瀬戸大橋を渡ってオスプレイを見に来ることでしょう。四国もオスプレイの訓練コースに入っているので、ドンドン訓練をしてもらいましょう。近く起こるであろう「南海地震」に備えて、海兵隊と善通寺の自衛隊とで「共同訓練」を行うのも良いでしょう。
ライオン通りを始めとする歓楽街も、若い海兵隊員で賑わうことでしょう。ただし、毎日「戦闘で人を殺す」訓練をしていますから、精神がすさんでいる人が多いので、凶悪犯罪が多くなるかもしれません。しかし「公務外」であれば「日本の法律」で取り締まりが出来る「ハズ」です。オスプレイ配備を進める人たちによれば、オスプレイの事故率はこれまでの軍用ヘリよりも小さく、騒音もそう変わらないそうですから、高松市民も墜落や騒音被害は受容の範囲でしょう(現に沖縄の人たちは「受容」してきましたから)。ひょっとすると、沖縄のように政府からの「補助金」も出るかもしれません。                                             
四国経済の発展のため、高松にアメリカ海兵隊の基地は、要りますか?  
  …ならぬものは、なりませぬ… 
みんなで声をあげよう!沖縄に基地はいらない!
 「辺野古・普天間に基地はいらない高松行動」 e-mail: nisihansen@goo.jp (にしかわ)
  一人で勝手に毎月2回、土曜日商店街街宣!(今月は9日と23日)
ブログもあります…http://takamatukoudou.blog130.fc2.com/…


 
 なおいつもどおり、本文の引用、転載、ご批判、イチャモン等は、ご自由にどうぞ。 
スポンサーサイト

テーマ : 沖縄米軍基地問題
ジャンル : 政治・経済

コメント

非公開コメント

プロフィール

高松行動

Author:高松行動
小豆島から、沖縄・辺野古に基地建設のための土砂が運び込まれようとしています。沖縄の基地問題は、遠い沖縄の問題ではなく、本土の私たちが真剣に考えないといけない問題です。

みんなでできることを、しなやかに行動しましょう!
連絡は下のメールフォームからお願いします(^^)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
2010年国際ジュゴン年
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。