スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不当判決!辺野古アセス訴訟

琉球新報WEBより
やり直し認めず 辺野古アセス 原告全面敗訴

 米軍普天間飛行場代替施設建設に伴う名護市辺野古のキャンプ・シュワブ沿岸部での環境影響評価(アセスメント)手続きに不備があるとして、県内外の621人が国を相手にアセスの方法書や準備書のやり直しと損害賠償を求めた訴訟の判決が20日、那覇地裁であった。酒井良介裁判長は「原告らに訴える権利はない」としてやり直しを求める請求を却下し、損害賠償請求については棄却した。原告の住民が主張するアセスの違法性については踏み込まず、原告側全面敗訴の内容となった。
 控訴するかどうかについて原告側は「このまま終わるのは我慢できない。住民で十分検討して判断する」とした。
 原告側は裁判で、環境影響評価法で認められた意見を述べる権利が国の違法なアセス手続きによって侵害されたと主張したが、判決は「(同法や条例で)住民意見を述べる機会は設けているが、意見陳述権を個人の権利として規定していない」と指摘。「事業者は住民意見を個々に反映させることや応答する義務を負わない」と訴えを退けた。
 影響を受ける地域である名護市や宜野座村在住の原告らの人格権が侵害されているという原告側の訴えについても「地域の環境情報を収集する目的だけで、住民に意見を述べる権利を保障していない」とした。
 国側は、法律で住民が訴えを起こす規定はなく「不適法」として却下を求め、損害賠償については棄却を求めていた。
 国は2007年から環境影響評価手続きを開始。方法書や準備書の段階で、住民らから意見を求める公告・縦覧や説明会などを実施した。しかし、追加や修正を繰り返し、オスプレイ配備については住民が意見を述べる機会がない評価書の段階で明らかにするなどしたため、市民団体や識者が「後出し」や「非科学的、非民主的なアセス手続き」と批判してきた。


要するに「環境アセスメント法」には地域住民の声を反映させる規定がない…云々というもの、ただ、もう一方の争点である「アセスの違法性」…あと出しじゃんけんみたいなやり方の汚さ…にはふれずじまいの判決です。
スポンサーサイト

テーマ : 沖縄米軍基地問題
ジャンル : 政治・経済

コメント

非公開コメント

プロフィール

高松行動

Author:高松行動
小豆島から、沖縄・辺野古に基地建設のための土砂が運び込まれようとしています。沖縄の基地問題は、遠い沖縄の問題ではなく、本土の私たちが真剣に考えないといけない問題です。

みんなでできることを、しなやかに行動しましょう!
連絡は下のメールフォームからお願いします(^^)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
2010年国際ジュゴン年
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。