スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

名護漁協に辺野古埋立ての同意を求める

琉球新報より名護漁協に同意も止める 辺野古埋立てという記事が出ました(他の全国紙、地方紙の紙面には出ています

 【名護】米軍普天間飛行場の名護市辺野古への移設に向け、沖縄防衛局(武田博史局長)は26日午前、名護漁業協同組合(古波蔵廣組合長)に公有水面埋め立ての同意を求める文書を提出した。漁協の総会で承認を得る必要があり、同漁協は近く臨時総会を開く。古波蔵組合長は「99%同意が出ると思う」との認識を示している。同漁協は総会を経て同意書を防衛局に提出する見通しだ。名護漁協から同意取り付けに着手したことで、政府は仲井真弘多知事に対する埋め立て申請に向けた準備を加速させている。
 出張先の東京で、古波蔵組合長は同意の判断について26日、記者団に「できるだけ早めにやる」と述べ、来月、総会を開き決定する見通しを示した。防衛省は同日、「埋め立て承認願書の提出までに同意を得られるよう努力する」としたが、小野寺五典防衛相は同日の閣議後会見で、埋め立て申請の時期を明確にしなかった。政府内には今週にも申請すべきとの声もある。
 仲井真弘多知事は同日、記者団に「これ(同意するか)は漁協の判断なので、私がここで示唆する立場ではない」とした上で「県としては現行案は事実上不可能、県外移設を求めるという立場に変わりはない」とあらためて述べた。(以下略)
「違法アセスとの闘い」の際、防衛局側が辺野古やその周辺にかなり金をばら撒き、調査船をチャーターしたこともあって、いわゆる「容認派」「積極誘致派」への工作も進んでいるのです。
 これに反対する海人(うみんちゅ)も居ます…同じく、琉球新報より
 
宜野座漁協が反対へ 来月、大会で決議 辺野古移設

【宜野座】日米政府が米軍普天間飛行場の移設先としている名護市辺野古の南方で漁を営む宜野座漁業協同組合(城間盛春組合長)は25日、埋め立て工事や完成後の訓練によって漁場環境の悪化が強く懸念されるとして、3月中に移設反対を決議する漁民大会を開催する方針を決めた。同漁協が移設に反対する決議や大会を開くのは初めて。
 宜野座漁協は来週には理事会を開き、大会開催を正式に承認するとともに周辺漁協にも賛同を求める。
 同漁協のメンバーはこれまで、全県的な移設反対の流れに賛同する意見が強かったものの、静観してきたという。同じく海を生活基盤とする名護漁協が「条件付き容認」の立場で沖縄防衛局と埋め立て申請に向けてやりとりしていることに「宜野座のウミンチュの生活が脅かされる危機が差し迫った」(城間組合長)として、声を上げることを決めた。
 本島沿岸では、各漁協に漁業権が与えられた海域があり、宜野座漁協は、名護市久志以南からうるま市石川沖まで、金武漁協や石川漁協とともに15種の共同漁業が認められいる。海域内にはモズクの養殖特区などが13カ所あり、北側は名護市にある米軍キャンプ・シュワブの提供水域に含まれるほど移設先と近い。
 このため、埋め立てに伴い、南下する潮流によって水質汚染が宜野座沖に広がることや、完成後の潮流の変化を不安視している。宜野座沖では米軍の水陸両用車両がサンゴを破壊する事案も起きており、運用開始以降の訓練による事故や米軍機の騒音が不漁に追い打ちを掛けるとの懸念もある。
 城間組合長は「移設によって宜野座の海や漁師は被害を受けるが、環境影響評価は宜野座まで行き渡らず、国にないがしろにされている。米軍は事故を起こしても補償もせず、やりたい放題だ。静観しては100年後の後輩に顔向けできない。移設反対を強く打ち出していく」と語った。

本土で「護憲」「反戦平和」「基地建設反対」を言う人…あるいは「中国は脅威」「海兵隊は抑止力」という人…もうこれ以上沖縄の人同士を「反目」させないで下さい。


スポンサーサイト

テーマ : 沖縄米軍基地問題
ジャンル : 政治・経済

コメント

非公開コメント

プロフィール

高松行動

Author:高松行動
小豆島から、沖縄・辺野古に基地建設のための土砂が運び込まれようとしています。沖縄の基地問題は、遠い沖縄の問題ではなく、本土の私たちが真剣に考えないといけない問題です。

みんなでできることを、しなやかに行動しましょう!
連絡は下のメールフォームからお願いします(^^)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
2010年国際ジュゴン年
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。