スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

知事は辺野古埋立てを承認するな!

四国新聞WEBより…沖縄県知事が辺野古承認で最終/27日にも表明、普天間移設
 沖縄県の仲井真弘多知事は25日、米軍普天間飛行場(宜野湾市)の県内移設に向け、政府が申請した名護市辺野古沿岸部の埋め立てを承認する方向で最終調整に入った。27日にも判断を表明する。関係者が明らかにした。安倍晋三首相は25日午後、仲井真氏と官邸で会談し、知事が求めた米軍牧港補給地区(浦添市)の7年以内の全面返還に関し、前倒しを検討する作業チームを防衛省に設置したと表明した。
 首相は「安倍政権は沖縄振興と基地負担軽減に政府一丸となって取り組む」と強調した。

「沖縄振興」には、今後10年間に毎年3000億円もの大金がつぎ込まれるそうです…沖縄の人達を札束でひっぱたくやり方…私たちの税金をそんなことに使うな!

一方、沖縄の人も怒っています
沖縄県内移設反対派が怒りの声/「県民の心踏みにじる」
 「県民の心を踏みにじるものだ」。沖縄県の仲井真弘多知事が25日、米軍普天間飛行場(宜野湾市)の県内移設へ向けた名護市辺野古沿岸部の埋め立てを承認する方向で最終調整に入ったことに対し、県内移設に反対する県民からは怒りの声が相次いだ。
 沖縄県庁前では辺野古移設に反対する集会が開かれ、小雨が降る中、県民ら約1500人(主催者発表)が集結。県庁を「人間の鎖」で取り囲んだ参加者は「不承認!」「屈しない」と書かれたプラカードを頭上に掲げ「知事は埋め立てを認めるな」とシュプレヒコールを上げた。
スポンサーサイト

テーマ : 沖縄米軍基地問題
ジャンル : 政治・経済

コメント

非公開コメント

プロフィール

高松行動

Author:高松行動
小豆島から、沖縄・辺野古に基地建設のための土砂が運び込まれようとしています。沖縄の基地問題は、遠い沖縄の問題ではなく、本土の私たちが真剣に考えないといけない問題です。

みんなでできることを、しなやかに行動しましょう!
連絡は下のメールフォームからお願いします(^^)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
2010年国際ジュゴン年
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。