スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

辺野古工事に予備費投入500億

琉球新報WEBより、辺野古工事に最大500億 14年度予備費拠出へ

 政府は、沖縄防衛局が米軍普天間飛行場の名護市辺野古への移設工事に向け、埋め立て海域のキャンプ・シュワブ沿岸に設置を予定しているブイや、シュワブ内にある海上保安庁拠点の機能強化に係る経費などに充てるため、2014年度予算の予備費から最大500億円程度を拠出することを6月中に閣議決定する方針を固めた。埋め立て用の巨大工作物ケーソン(箱形のコンクリート施設)や汚濁防止膜などの関連費にも充てる。
 沖縄防衛局は、埋め立ての本体工事を前に海底の地質を調べるボーリング調査を7月上旬にも開始したい考えで、その前に調査区域周辺へのブイ設置を急ぐ構えだ。移設に反対する住民らの抗議活動を排除する狙いがあるとみられる。
 ブイ設置などの経費は、14年度予算に計上していなかった。そのほか工事契約に必要な経費を含め300~500億円程度を予備費などで対応する。閣議決定は今国会閉幕後の24日ごろを想定。防衛省から予備費の使用調書提出を受け、麻生太郎財務相が閣議に提出する見通し。
 ブイは、辺野古沖の21カ所で行う予定のボーリング調査区域を取り囲む形で設置する。調査海域は米軍の提供水域で、移設に反対する住民らが漁船などで阻止行動を展開しようとした場合、ブイを越えた時点で刑事特別法(刑特法)を適用して、取り締まることができるようにする。
 2008年から使用しているシュワブ内の海保施設の機能強化にも予備費を活用する。海上保安官の待機場所やゴムボートの収容や整備などを行う施設を充実させる。
 そのほか埋め立ての護岸工事に必要となるケーソンなどの巨大工作物や、埋め立て工事で汚泥が周辺の水域に流出するのを防ぐ汚濁防止膜の設置に関する経費なども予備費で対応する。


福島の原発事故がいまだ収束せず、多くの人々が避難生活を強いられる中で、500億もの金を自然破壊、基地建設のために使う政府は、何を考えているのでしょうか。

実際、単年度の事業で「500億」となると、かなりの「土木工事」が出来ます(実際は秋に工事を発注する計画だと、工事そのものはあまり進みませんが…)、「阻止行動」防止のブイの設置など、報道されているあらゆることに対処できる金額です。

しかしその金を、原発事故被災地に持っていけば、もっと様々な被災者・避難者支援が出来るはずです。
安倍政権はお金の使い方を間違っています。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

高松行動

Author:高松行動
小豆島から、沖縄・辺野古に基地建設のための土砂が運び込まれようとしています。沖縄の基地問題は、遠い沖縄の問題ではなく、本土の私たちが真剣に考えないといけない問題です。

みんなでできることを、しなやかに行動しましょう!
連絡は下のメールフォームからお願いします(^^)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
2010年国際ジュゴン年
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。