スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

祝!沖縄県知事選挙に翁長氏当選!

16日に投票、即日開票された沖縄県知事選挙では、辺野古への移設反対を訴える翁長氏が圧倒的多数の得票をうけて当選しました。午後8時過ぎには「当確」が出ていました。
琉球新報WEB
新知事に翁長氏 仲井真氏に10万票差
 米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設の是非を最大の争点にした任期満了に伴う第12回県知事選は16日、投開票され、無所属新人で前那覇市長の翁長雄志氏(64)が36万820票を獲得し、初当選した。戦後生まれの知事は初めて。3選を目指した無所属現職の仲井真弘多氏(75)=自民、次世代推薦=は26万1076票で、翁長氏が9万9744票差をつけた。辺野古移設反対の公約を掲げた翁長氏は今後、辺野古沖の埋め立て承認の取り消しや撤回を視野に、移設計画の中止を日米両政府に求める構えだ。
 翁長氏の得票は投票者総数の51・22%を占めた。無所属新人で元郵政民営化担当相の下地幹郎氏(53)は6万9447票。無所属新人で元参院議員の喜納昌吉氏(66)は7821票だった。
 翁長氏は辺野古沖埋め立て承認の取り消し、撤回を示唆し、政府が県に提出している埋め立て工法の変更申請も厳しく審査する方針を示している。政府は知事選の結果を問わず移設計画を進める考えで、今後の交渉が注目される。(以下略)


那覇市市長選挙でも、自公が推す候補を破って、前副市長の城間幹子氏が10万を超える得票で勝ちました。彼女も辺野古基地建設反対です。

しかし安倍政権は、この沖縄の「民意」を無視して「粛々と」基地建設を進めると言っています。きょうもシュワブ前では抗議行動が行われ、海ではカヌーの練習が行われています。

安倍内閣は「解散・総選挙」に打って出る予定です。しかし本日発表された二〇一四年七~九月期の国内総生産(GDP、季節調整値)の速報値は、物価変動の影響を除いた実質で前期比0・4%減、年率換算で1・6%減でした。成長率がマイナスになるのは二・四半期連続連続です。
「アベノミクス」は失敗に終わっています…その他、公約もしていなかった「集団的自衛権」や「秘密保護法」について、国民に信を問う必要があります。

安倍政権を倒して、辺野古基地建設を何が何でも、止めましょう!

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

高松行動

Author:高松行動
小豆島から、沖縄・辺野古に基地建設のための土砂が運び込まれようとしています。沖縄の基地問題は、遠い沖縄の問題ではなく、本土の私たちが真剣に考えないといけない問題です。

みんなでできることを、しなやかに行動しましょう!
連絡は下のメールフォームからお願いします(^^)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
2010年国際ジュゴン年
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。