スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

つくったチラシ

土曜日、写真を撮ってくれたおばさんにお渡ししたチラシです。
最初のチラシ表
裏は、こんなかんじ
最初のチラシ裏

本文…最初の記事の内容を、簡潔に書いてみました。


5月28日、日米両政府は沖縄普天間基地の「移設」について、移設先を名護市のキャンプシュワブに隣接する辺野古の地にすると共同声明を出しました。人魚伝説のモデルになったジュゴンがエサを食べに来るような、沖縄本島でも有数の美しい海を破壊し、沖縄の人たちの「基地は要らない!」という民意を完全に無視して、沖縄にまた基地が押し付けられようとしています。

 普天間基地は、沖縄県宜野湾市の市街地の真ん中にある海兵隊の基地です。毎日のように戦闘ヘリや軍用機が低空で飛び回り、ものすごい轟音を撒き散らしています。2005年8月には、沖縄国際大学にヘリが墜落するという、一歩間違えば多くの人が犠牲になったような事故もおきました。そもそも1995年に海兵隊の兵士が少女を暴行するという痛ましい事件をきっかけに、沖縄の基地の負担を無くす、特に危険な普天間基地は撤去することになったはずです。危険な基地を撤去して、平和で安全な暮らしがしたい…そんなあたりまえの願いをかなえるのに、なんで同じ沖縄に基地を作らなければならないのでしょうか?沖縄では11月8日、4月25日に大規模な県民大会が開催され、普天間基地の県内移設反対の意志が示されました。辺野古の地元・名護市でも基地建設に反対し、基地からのお金やその見返りとしての振興策に頼らない街づくりをするという市長が誕生しました。

 沖縄海兵隊の「抑止力」についても、徐々にその正体が明らかになっています。沖縄の海兵隊の大部分がグアムに移転するから、普天間基地の代替施設なんていらないということ、海兵隊は日本政府の「思いやり予算」や基地の用地の提供があるから沖縄に居座っているだけであること、海兵隊はイラクやアフガニスタンのような所でアメリカ政府の気に入らない政府や民衆を殺す訓練を沖縄でしていることなどです。

 鳩山首相は沖縄の人達の思いをふみにじり、公約を破って辺野古に基地を作ろうとしています。しかしこれは鳩山首相や外務・防衛官僚、マスコミだけの責任なのでしょうか。

 「日米同盟が大切」だと言う人たちは、自分の住む所に普天間基地が、あるいはその機能を引き受けようとしたでしょうか?
 「沖縄は大変だねぇ」と思っている人たちも「沖縄に基地があるのは、仕方が無い」と思い続けていなかったでしょうか?

 沖縄の海兵隊は、もともと山梨県や岐阜県にいました。しかし「本土」の基地反対・安保反対の運動が大きくなったから、米軍占領下の沖縄に集中したのです。「本土」では米軍の基地は整理・縮小され、米軍による騒音や事故・犯罪によって苦しめられる沖縄の人たちの姿が、見えなくなってしまったのです。そのことが、今も在日米軍が専用で使用する基地の75%が狭い沖縄に集中し、そして貴重な自然を破壊してまでも基地を押し付けることにつながっています。

四国には米軍基地はありません。しかし、高知県には米軍の艦船が寄港したりしています。瀬戸内海を隔てた岩国では、米軍の艦載機移転の反対運動が起こっています。基地をそのままにしたまま「沖縄の負担を軽減する」との美辞麗句の下、日本全国で米軍と自衛隊の共同訓練が行われるようになるかもしれません。辺野古に作られる基地を、自衛隊も使うということも報道されています。海兵隊と自衛隊が共同訓練をするということは、自衛隊が海兵隊のように、イラクやアフガニスタンでやっているような戦争を行うということです。
また、何よりも民意を完全に無視し、公約を守らないで辺野古への基地建設を強行するということを認めることは、民主主義の死ということです。

沖縄の基地の問題は、沖縄だけの問題ではありません。日本の問題であり、四国に住む私たちも真剣に受け止めて考えなければならない問題なのです。
だから、高松で声を上げるのです
「普天間基地はいらない!辺野古に基地はつくらせない!」

とりあえず、「辺野古・普天間に基地はいらない高松行動」を一人で立ち上げ、普通のサラリーマンでできるアピール行動を始めることにしました。いっしょに何かやりたいという方が居られればうれしいです。
 e-mail: nishihansenあっとgoo.jp (にしかわ)まで…(注:ここではあっとを@に直してくださいね)
ブログもあります…http://takamatukoudou.blog130.fc2.com/…

このビラ原稿に、著作権等を主張しません…転載・加工OKであります。
スポンサーサイト

テーマ : 沖縄米軍基地問題
ジャンル : 政治・経済

コメント

非公開コメント

高松行動の立ち上げおめでとうございます。
共にがんばりましょう。
滋賀行動より。
プロフィール

高松行動

Author:高松行動
小豆島から、沖縄・辺野古に基地建設のための土砂が運び込まれようとしています。沖縄の基地問題は、遠い沖縄の問題ではなく、本土の私たちが真剣に考えないといけない問題です。

みんなでできることを、しなやかに行動しましょう!
連絡は下のメールフォームからお願いします(^^)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
2010年国際ジュゴン年
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。