スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

辺野古の海から

何回か辺野古に出かけているのですが、実は初めて船に乗せてもらって海に出ました。
透明な海
水の透明度が、違います(^^)

しかし、キャンプシュワブ内では、基地建設を前提として、辺野古岬にある兵舎や施設を移設する工事がドンドン進められています。
建設中基地
辺野古から名護に抜ける道路からも、別の建設工事が着々と進められています。「普天間移設」をどこにするか見直そう、決められない間にも、粛々と工事が進められていたわけです。ここに、私たちの払った税金が投入されています。
調査も行われる
環境アセスメントのための調査も終わったはずですが、「追加調査」も行なわれています。

しかし、新種の海藻が新たに発見されたそうです。
琉球新報より
海藻4新種 この一帯のみ生息可能性新種">辺野古に海藻4新種 この一帯のみ生息可能性新種
ことし5月の日米共同声明で米軍普天間飛行場の代替施設建設候補地に挙げられた名護市のキャンプ・シュワブ辺野古崎地区の海域に、新種とみられる海藻4種が生息していることが16日までに、東京海洋大海洋科学部の大葉英雄助教(熱帯海藻学)らの調査で分かった。大葉助教によると4種の海藻は、大浦湾独特の環境からこの一帯にしか生息していない可能性が高い。大葉助教は「ここが埋め立てられたら即絶滅につながる」と危ぶむ。
 調査は2010年3月下旬から4月上旬、大葉助教が地元のダイバーグループの協力を得て湾内約10カ所で行った。
 調査団は最大で水深約30メートルまで潜り標本を採取。182種の海藻や海草を確認した。新種とみられる4種の海藻は、辺野古崎北岸の水深10~30メートルにかけて分布していた。新種と思われるのは、イソノハナの仲間とスジコノリの仲間、ウミウチワの仲間、ミルモドキの仲間。
 大葉助教によると、大浦湾はサンゴ礁がT字状に横たわり外海のうねりが湾内に侵入しづらく、最深部で60メートル近い深みがあり海水の透明度も高い。発見された海底は砂や小石で構成されていた。これらの条件がそろった海域が大きく広がっていることは珍しいという。
 日本自然保護協会保護プロジェクト部の大野正人部長は新種が見つかった場所について「貝類や甲殻類の新種も発見されている。この場所がまだまだ新種が見つかる可能性がある海域であることを示している」と話した。

沖縄防衛局はこれまで、いったいどんな「調査」をしてきたのでしょうか?
いや、「新種」を見つけても隠している可能性だってあります。

アメリカで、海兵隊無用論が出てきているそうです。琉球新報より
海兵隊不要論/米議会で高まる機運 好機生かし普天間返還を
米国内で、在沖海兵隊の不要論が急浮上している。
 米下院民主党の有力議員バーニー・フランク氏が「米国が世界の警察だという見解は冷戦の遺物で時代遅れだ。沖縄に海兵隊がいる必要はない」と主張し、大きな波紋を広げている。
 米国内での不要論の広がりは沖縄にとって好機到来である。日本側から在沖海兵隊の撤退や普天間飛行場の県内移設なき返還を要求すれば、許容する米国内の空気が醸成される可能性が出てきた。(以下略)


日本からお金を出させているとはいえ、世界中に軍隊を派遣して戦争し、そのための基地を維持することは労力がかかりますからねぇ~

それにしても「海兵隊は、抑止力」って言葉、何だったのでしょうか?
スポンサーサイト

テーマ : 沖縄米軍基地問題
ジャンル : 政治・経済

コメント

非公開コメント

プロフィール

高松行動

Author:高松行動
小豆島から、沖縄・辺野古に基地建設のための土砂が運び込まれようとしています。沖縄の基地問題は、遠い沖縄の問題ではなく、本土の私たちが真剣に考えないといけない問題です。

みんなでできることを、しなやかに行動しましょう!
連絡は下のメールフォームからお願いします(^^)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
2010年国際ジュゴン年
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。