スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やっぱ8割が「県内移設反対!」

 菅官房長官がのこのこやって来て、「上から目線」だから「粛々と」という言葉は使わない…と言っても、辺野古現地では今日も工事が続けられ、抗議行動もまた粘り強く続けられています。
ここで、沖縄タイムスが、県内で世論調査を行いました。8割が翁長知事支持、辺野古基地建設反対です。
辺野古「知事市に」83% 新基地反対76% 本紙緊急世論調査
 沖縄タイムス社は3~5日、菅義偉官房長官の来県に伴い緊急世論調査を実施した。米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設に反対し、岩礁破砕許可の取り消しなどを検討している翁長雄志知事の姿勢を「支持する」と答えた人は83・0%に上り、「支持しない」の13・4%を大きく上回った。
 辺野古での新基地建設の賛否は「反対」が76・1%で、有効回答数の4分の3以上を占めた。「賛成」は18・2%にとどまった。
 仲井真弘多前知事が埋め立てを承認する直前の2013年12月に、本紙などが実施した世論調査では、辺野古移設への反対が66%、賛成が22%だった。調査手法やサンプル数が異なり単純比較はできないが、翁長県政の発足を受け、県内移設に反対する世論が強まっている傾向も読み取れる。
 辺野古の海上でボーリング調査に着手し、夏にも代替施設の本体工事に着手する考えを表明している政府の対応への評価は「支持する」が14・6%で、「支持しない」の80・3%を大幅に下回った。
 13年の調査では、県関係の自民党国会議員や自民党県連を辺野古移設容認に転じさせた安倍晋三政権の姿勢に「納得しない」が71%、「納得する」は18%だった。
 当時も政権の基地政策に対する県民の評価は厳しかったが、今回の調査では不支持の傾向がさらに強まっている。
 調査期間は菅氏の来県前日の3日から、菅氏と知事が会談した5日の3日間。県内の有権者を対象に無作為に抽出した電話番号にオートコール方式で掛け、考えを聞いた。有効回答数は610件。回答者の内訳は男性が238人(39・0%)、女性が372人(61・0%)。


ぜひリンクをクリックして、グラフも見てください…圧倒的な「民意」がそこに現れています。
 
ところで、相変わらず安倍政権は首相、辺野古移設に決意/米国防長官と対談(四国新聞)と報道されています。
  安倍晋三首相は8日、カーター米国防長官と官邸で会談し、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古移設に関し「確固たる決意の下に進めていく」と強調した。集団的自衛権行使を可能とする安全保障法制整備への意欲も表明した。これに先立ち菅義偉官房長官もカーター氏と官邸で会い、沖縄県の米軍嘉手納基地(嘉手納町など)より南に位置する米軍施設・区域の返還計画の前倒しを要請した。カーター氏は「引き続き沖縄の負担軽減に協力する」と応じた。

 一方で、アメリカの側でも「辺野古移設でいいのか?」という声はあります。「沖縄県民は、ゆすり・たかりの名人…ゴーヤも作れない」とかつてトンデモ発言した、ジョセフ・ナイ元米国防次官補(現米ハーバード大教授)は
辺野古移設「長期的解決にならない」と、昨年12月に朝日新聞のインタビューに答えています。

 政府・アメリカは、辺野古から手をひくべきです。
 参考に、沖縄タイムス+から、
翁長知事と菅官房長官の会談 冒頭発言の全文をリンクしておきます。翁長知事は「保守」です…日米安保体制を否定しているわけではない…それでもこれだけのことを言わないといけないのです。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

高松行動

Author:高松行動
小豆島から、沖縄・辺野古に基地建設のための土砂が運び込まれようとしています。沖縄の基地問題は、遠い沖縄の問題ではなく、本土の私たちが真剣に考えないといけない問題です。

みんなでできることを、しなやかに行動しましょう!
連絡は下のメールフォームからお願いします(^^)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
2010年国際ジュゴン年
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。