スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボーリング調査、遅れに遅れる…

 辺野古でのボーリング調査が、遅れています…当初は3月までと言っていたのが、6月末に…そして9月までずれ込む見込みです。
 琉球新報WEBより
辺野古掘削再延長へ 防衛省、本体着工9月以降か
 【東京】米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設に向けたボーリング調査が、履行期限の6月末で終了しない見通しが強まり、防衛省は履行期限を再度延長する方向で検討を始めた。関係者によると、調査は2カ月程度遅れており、8月ごろまでかかる見通し。同省は本格的な埋め立て工事について「夏ごろ」の着手を目指しているが、調査の進捗(しんちょく)次第では9月以降にずれ込む可能性が出ている。
 同省は当初、ボーリング調査について履行期限を3月に設定していたが、期間内に終了せず、期限を3カ月間延長している。さらに期限を延長することで、全体の建設計画にも遅れが生じるとみられる。
 防衛省などによると、調査は24カ所で実施する予定で、現在は陸上部5カ所、浅瀬7カ所、深場4カ所の計16カ所は終了した。だが、残りの8カ所のうち、4カ所に着手したものの、残り4カ所はいまだ作業に取り掛かれていない。
 防衛省の武田博史報道官は16日の会見で、ボーリング調査の進捗状況について問われ「契約上の履行期限となっている6月末に向けて引き続き取り組む」と述べるにとどめた。


 これから台風シーズンに入ります…その度に「スパッド台船」や「ボーリングのヤグラ」を片付けなければなりません・・・そして何よりも、現地での抗議行動が、少しづつではあれ、調査を「送らせている」ことは確かです。

 しかし、「基地建設」を止めるには、もっと世論を盛り上げて、政府に基地建設をあきらめさせなければなりません。「憲法違反」の「安保関連法案」を、9月まで国会を延期してでも通そうとする安倍政権・・・これが「辺野古基地建設」を推し進めています。

 「安保関連法案」については、その危険性に気が付いた多くの人が立ち上がり、国会周辺や自分たちの身の回りで「デモ」「集会」が行われています…特に若い人の参加が目立ってきました。
 この勢いで「安倍政権」を打倒し、辺野古基地建設を止めましょう! 
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

高松行動

Author:高松行動
小豆島から、沖縄・辺野古に基地建設のための土砂が運び込まれようとしています。沖縄の基地問題は、遠い沖縄の問題ではなく、本土の私たちが真剣に考えないといけない問題です。

みんなでできることを、しなやかに行動しましょう!
連絡は下のメールフォームからお願いします(^^)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
2010年国際ジュゴン年
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。