スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

辺野古ゲート前座り込み1年

 7月6日、キャンプ・シュワブゲート前での座り込みが、1年を迎えました。琉球新報WEBより
辺野古ゲート座り込み1年迎え市民ら闘いの継続誓う
 【辺野古問題取材班】米軍普天間飛行場の名護市辺野古への移設に伴う新基地建設を阻止しようと、市民らが米軍キャンプ・シュワブゲート前の座り込みは6日で1年を迎える。同日午前6時ごろゲート前での抗議行動が行われ、午前10時現在、市民約100人がゲート前で座り込みを続ける。
 ヘリ基地反対協議会の安次富浩共同代表は「昨日与那原町の島ぐる会議が結成され、同会議で25番目となった。南風原町も今月中の結成を目指している。われわれの活動が各地域に広がっており、今後も闘っていきたい」と語気を強めた。
 一方、沖縄防衛局による海上作業は確認されていない。台風対策のためとみられる。
【琉球新報電子版】


 この間、ゲート前に「殺人鉄板」が敷かれたり、何人もの人が拘束・逮捕されたり、怪我をさせられたりしました。しかし、陸でも膿でも、基地建設を止め続けています。ボーリング調査は、遅れに遅れています。

 また、「沖縄・辺野古の闘い」が、全国に広がり、東京で1万人規模の反対集会まで開かれました。

 安倍政権は、「違憲」であり民衆が多くの民衆が「説明不足」「反対」している「安保関連法案」を、何がなんでも通そうと画策しています。「安保法制」「辺野古新基地建設」「消費税増税」「TPP」も含め、安倍政権を葬り去りましょう
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

高松行動

Author:高松行動
小豆島から、沖縄・辺野古に基地建設のための土砂が運び込まれようとしています。沖縄の基地問題は、遠い沖縄の問題ではなく、本土の私たちが真剣に考えないといけない問題です。

みんなでできることを、しなやかに行動しましょう!
連絡は下のメールフォームからお願いします(^^)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
2010年国際ジュゴン年
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。