スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

基地建設工場、1ヶ月凍結

PCが故障中で、ブロク更新やビラ作りができないまま、8月をむかえた。今日4日、様々な所で報道されているが、菅官房長官が8月10日から9月9日まで、辺野古基地建設にかかわるあらゆる作業、工場を中断して、沖縄県側と「話し合い」を行うとのことである。

これはひとえに、粘り強い、そしてどんなに暴力をふるわれても屈しない現地での闘い、それを支える沖縄の闘いがもぎりとったものである。
また、安部政権が「安保法制」を強行するにあたり、民衆の怒りが爆発し、にっちもさっちもいかなくなったので、「沖縄問題」を後回しにしたともとれる。

ただし、安部政権ことである …ここで思い切り「中国の驚異」をふりかざして、安保法制も沖縄問題も「強引に解決」しようとたくらんでいるかしれない。

とはいえ、現地は「休戦」状態にはなる(とはいえ、国のやることだ。油断はできない)
この間に、反戦、反安保法、そして反辺野古基地建設の世論をもっと盛り上げ、安部政権を倒そう!翁長知事はまだ、「埋め立て申請取り消し」のカードを使っていない…弾はまだ残っているのだ。
スポンサーサイト

テーマ : 沖縄米軍基地問題
ジャンル : 政治・経済

コメント

非公開コメント

プロフィール

高松行動

Author:高松行動
小豆島から、沖縄・辺野古に基地建設のための土砂が運び込まれようとしています。沖縄の基地問題は、遠い沖縄の問題ではなく、本土の私たちが真剣に考えないといけない問題です。

みんなでできることを、しなやかに行動しましょう!
連絡は下のメールフォームからお願いします(^^)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
2010年国際ジュゴン年
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。