スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

辺野古集中協議決裂!

 沖縄タイムスのHPを開いたら、いきなり表題の電子号外が入って来た…以下、転載。
 辺野古集中協議が決裂 翁長知事「全力で阻止」
 【東京】名護市辺野古の新基地建設をめぐる沖縄県と政府による集中協議の第5回会合が7日夕、首相官邸で開かれ、新基地反対の翁長雄志知事と推進姿勢の政府との溝は埋まらず、協議は決裂した。政府は協議期間終了後の10日以降に辺野古での作業を再開させる方針を伝えた。会合には、安倍晋三首相が初出席した。
 協議後、翁長氏は「これまで5回の協議でわれわれの考えを説明してきたが、理解は得られなかった」と述べ、一致点が見いだせなかったとした。その上で、菅義偉官房長官から作業再開の意向が示されたとして、「全力を挙げて阻止する」と強調。前知事による埋め立て承認の取り消しに向けた手続きを進める考えを示した。菅氏は「普天間の危険除去と閉鎖の必要性の認識は一致したが、方法論の隔たりは埋められなかった」と述べ、県の潜水調査が終わり次第、作業を再開する考えを示した。
  県と政府は8月10日から1カ月間を集中協議期間と位置付け、辺野古での作業を中断し、計5回の会合を重ねてきた。
 この日の会合には政府側は安倍首相と菅氏ほかに岸田文雄外相、中谷元・防衛相、山口俊一沖縄担当相が、県側は翁長知事、安慶田光男副知事が参加した。


 もともとこの「協議」自体、、政府側が「大胆な代替案」を出さない限り、「決裂」するしかありませんでした。もちろん、闘争を続ける側が「一休み」して次の戦略を練るための時間かせぎでもありましたが…

 翁長知事は、海洋調査をなるべく遅らせて「サボタージュ」戦法を取るとともに、いよいよ「埋立許可の撤回」に踏み出すべきでしょう。
 また、ヤマトゥでは「安保法制反対」闘争の盛り上がりともに、「辺野古基地建設反対!」の声を上げていかねばなりません。

辺野古への基地建設を許さない実行委員会が、
”9月12日(土)国会周辺に大結集を呼び掛けます”  
八月に知事は「埋め立て承認」撤回か、取り消し表明、9月に政府は埋め立て着手か
止めよう!辺野古新基地建設  許すな!日本政府による沖縄民意圧殺
>『止めよう!辺野古埋立て 9.12国会包囲!!』
日時   :   9月12日(土)14:00開始
スポンサーサイト

テーマ : 沖縄米軍基地問題
ジャンル : 政治・経済

コメント

非公開コメント

プロフィール

高松行動

Author:高松行動
小豆島から、沖縄・辺野古に基地建設のための土砂が運び込まれようとしています。沖縄の基地問題は、遠い沖縄の問題ではなく、本土の私たちが真剣に考えないといけない問題です。

みんなでできることを、しなやかに行動しましょう!
連絡は下のメールフォームからお願いします(^^)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
2010年国際ジュゴン年
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。