スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「止めよう!辺野古埋立て」国会前に2万5千人

 協議決裂から1週間もたたないうちに、辺野古での工事が「再開」されました。フロートをまた、海に並べる作業です。現地ではカヌー隊やジュワブ前での抗議が行われました。
 東京では昨日、国会前で「止めよう辺野古埋立て!9・12国会包囲行動が行われました。2万2千人が集まったとのことです。沖縄タイムスより
「止めよう!辺野古埋立て」2万2千人が国会包囲
 【東京】米軍普天間飛行場の返還に伴う名護市辺野古の新基地建設に反対する「止めよう!辺野古埋め立て 9・12国会包囲」(主催・同実行委員会)が12日、東京・国会議事堂周辺で実施され、2万2千人(主催者発表)が参加した。市民らは国会を囲みながら、「辺野古が唯一の解決策」とする安倍晋三政権に対し、新基地建設断念と沖縄の民意に向き合うよう求めた。
 国会包囲は1月(7千人)と5月(1万5千人)に続く3回目で、回を追うごとに参加者が増えている。
 この日、政府が沖縄県との1カ月の集中協議期間で中断していた辺野古での作業を再開。登壇した市民団体の代表者らは政府の強硬姿勢を批判し、参加者とともに「辺野古の海をつぶすな」「海を守ろう」「ジュゴンを守ろう」と声を張り上げた。
 沖縄から駆け付けたヘリ基地反対協議会の安次富浩共同代表は「今朝、ボーリング作業に向けてフロートの準備作業が始まった。民の声を聞かないのは民主主義を否定するやからだ。沖縄の未来は私たちが切り開く」と全国の仲間とともに闘いを継続していく決意を述べた。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

高松行動

Author:高松行動
小豆島から、沖縄・辺野古に基地建設のための土砂が運び込まれようとしています。沖縄の基地問題は、遠い沖縄の問題ではなく、本土の私たちが真剣に考えないといけない問題です。

みんなでできることを、しなやかに行動しましょう!
連絡は下のメールフォームからお願いします(^^)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
2010年国際ジュゴン年
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。