スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「納得できず」と沖縄県知事

四国新聞のWEBサイトより

「納得できず」と沖縄県知事/普天間移設の政府説明に

福山哲郎、滝野欣弥両官房副長官は11日、沖縄県を訪問し、仲井真弘多知事と米軍普天間飛行場(宜野湾市)移設問題をめぐり会談した。政府側は移設先を名護市辺野古崎地区とした日米共同声明への協力を要請したが、仲井真氏は会談後、記者団に「県民が納得いく説明には程遠い」と述べ、同地区への移設受け入れは困難との見方を強調した。
 福山氏は会談で、共同声明発表の経緯をめぐり「多大な心配と迷惑をかけた」と陳謝。沖縄の負担軽減に全力を尽くす菅直人首相の意向を説明し、政府方針への理解を求めた。
 これに対し仲井真氏は地元の反対を念頭に「いくら政府が絵を描いても、実行不可能に近い」と指摘。福山氏は「沖縄の頭越しに決めることはしない」と応じ、地元の合意を重視する意向を伝えた。
 出席者によると、約2時間半の会談の大半は、政府側が共同声明の内容を説明。県側とのやりとりは15分程度だった。
 辺野古崎での普天間代替施設の工法は検討中だが、隣接水域の埋め立てが必要とみられ、許可権限を持つ知事の同意が欠かせない。福山氏は会談後、記者団に「今日が最初のスタート」と強調し、県側の説得を続ける姿勢を示した。


仲井真知事は、もともと普天間の県内移設を「容認」してきた人ですが、その知事も県内移設反対を政府にぶつけなければならない。それが沖縄の「民意」です。

11月には沖縄の知事選挙も行われます。普天間基地の問題も当然、争点になります。

が、たとえ誰が知事になって「県内移設反対」を訴えても、「本土」の私たちが変わらない限り、この問題は終わりません。
スポンサーサイト

テーマ : 沖縄米軍基地問題
ジャンル : 政治・経済

コメント

非公開コメント

知事の態度に騙されないほうがいい

 はじめてコメントさせて頂きます。
 「仲井真知事は、もともと普天間の県内移設を「容認」してきた人ですが~」とある通り、現職知事の本音が辺野古移設賛成であることは以前と何ら変わりないでしょう。

 現職知事の鳩山政権批判は、辺野古移設反対の立場からのものではなく、単に、自民党政権時代の合意がいったん白紙にされて振り出しに戻ることを煩わしく思ったことから口にしたにすぎません。あとは自分が鳩山首相(当時)のように叩かれることを恐れたから。先日の「受け容れがたい…」という言葉も、同様の思いから出たものであって、本音ではないでしょう。
 11月に沖縄県知事選を控えているから、今は幅広く票を集めるために本音を隠していますが、選挙で当選した場合、その直後に本音を剥き出しにしてくることは容易に想像できます。仲井真はその程度の人間。私には鳩山前首相より薄汚いくせこい根性の人間に見えますね。期待しないほうが無難でしょう。辺野古移設に反対なら。

コメントありがとうございます

サラディンさんコメントありがとうございます。
私も現知事については全く信用しておりませぬ。その上で、今度の知事選挙で「基地反対」を本当に掲げる人が当選したとしても、沖縄に基地を押しつけている日本政府や「本土」の在り方を替えないと、基地建設は「強行」されてしまうでしょう。太田知事時代に、沖縄米軍特措法によって、使用期限が切れるハズの米軍基地がそのまま「合法的」に継続して使用できるようにした…それ以上のムチャを、菅政権(もっとも11月まで続いているかどうか分りませんが^^)にやらせない運動が「本土」で必要なのだ、ということを言いたいわけです。
プロフィール

高松行動

Author:高松行動
小豆島から、沖縄・辺野古に基地建設のための土砂が運び込まれようとしています。沖縄の基地問題は、遠い沖縄の問題ではなく、本土の私たちが真剣に考えないといけない問題です。

みんなでできることを、しなやかに行動しましょう!
連絡は下のメールフォームからお願いします(^^)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
2010年国際ジュゴン年
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。