スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10月のビラ

どうやら月に1回ぐらいのペースで、ビラが更新できそうです(^^)(^^)
先日撒いたビラ
10月のビラ表
1.飛行経路のウソと、オスプレイ配備
 普天間基地を辺野古に「移設」するにあたり、日本政府とアメリカ政府は滑走路をV字型にして、着陸時と離陸時を使い分けると「合意」しました。集落の上を軍用機は飛ばないから、騒音とかの問題はないと説明していたわけです。
 しかし、琉球新報に掲載された下の図を見て下さい。米国が想定している飛行経路は、日本政府の説明と全く違います。
 大浦湾の向かい側が一挙に、騒音影響区域に入ります。

 また日本政府は、米国が開発した新型のVTOL輸送機(垂直に離発着でき、空中でホバリングができる。かつ航続距離が長く速度も速い…ヘリコプターと航空機の両方の利点をもつ)MV-22オスプレイの沖縄への配備について「米国から聞いていない」とシラをきり続けていましたが、米軍は最初から辺野古新基地にオスプレイを配備する計画でした。

 これらのことは、基地建設に先立つ環境アセスメント
には一切考慮されていません。また、地元住民にも一切正式な説明も成されていません。
 MV-22オスプレイは開発段階で多くの事故を起こし、「未亡人製造機」とも呼ばれた危険な軍用機です。普天間の「移設」が進まない中で、米軍はこのオスプレイを2012年10月に普天間に配備する計画を公表しています。
世界で最も危険な基地と、アメリカの高官ですら認めざるを得ない普天間基地に、より危険なオスプレイを配備することを認めてはなりません。

10月のビラ裏

2.基地建設反対の民意がより示された、名護市議会選挙
 9月12日、名護市議会選挙の投票が行われ、基地建設に反対を表明する議員が18議席と多数派を占めました。しかし、1997年の「市民投票」で基地建設反対の民意は、とっくの昔に示されています。今、新たに基地とその見返りの振興策によらない街づくりが、住民の手で進められようとしている…沖縄の人たちはかわりつつあるのに、私たちが「基地は沖縄で引き受けてもらわなければしょうがない」と考えていてはいけないのではないでしょうか。
 11月には沖縄県知事選挙が行われます。辺野古基地建設を「容認」してきた現職知事に対し、普天間基地をかかえる宜野湾市の伊波洋一市長が県内移設反対をかかげ、立候補を表明しました。

3.沖縄への自衛隊増強…軍事基地化を許さない
 辺野古新基地を、自衛隊と海兵隊共同で使おうという構想もあります。イラクやアフガニスタンで虐殺を繰り返している海兵隊と同じ訓練を、自衛隊が行うというのです。
 また「尖閣諸島」の領有問題をめぐって、中国との対立やナショナリズムをあおる発言や報道がくりかえされている中、沖縄の自衛隊を増強する動きも進んでいます。今年3月には沖縄の第一混成が第15旅団へと格上げし、1,800人から2,100人へと増員しました。また、「復帰」後、はじめてライフルなどによる本格的な実弾射撃訓練や米軍演習場での実践訓練も始まっています。陸自部隊を2020年までに南西諸島を含めて10倍の2万人規模にする構想も浮上しています。
 「島嶼防衛」がどんなに悲惨だったか、「沖縄戦」を体験している沖縄の人たちは良く知っています。沖縄を基地が集中する「軍事の島」にしてはなりません。
 「尖閣諸島(中国名釣魚台)」付近は、石垣島や台湾、中国福建省あたりの漁民が生活する場所です。ナショナリズムをあおり、軍事力で解決する方法は間違っています。

4.みなさんの声と支援を
 辺野古現地の港では、毎日毎基地建設に反対して座り込みが行われています。沖縄へ行ったら、辺野古にも行ってみましょう。
 ヘリ基地反対協議会…http://www.mco.ne.jp/~herikiti/
 〒905-0015 名護市大南1-10-18-202
TEL&FAX 0980-53-6992
カンパ振込口座 郵便局 01700-7-66142(名義「ヘリ基地反対協議会」)

今こそ「沖縄に米軍基地はいらない!」声を上げましょう!
辺野古・普天間に基地はいらない高松行動」 e-mail: nisihansen@goo.jp (にしかわ)
ブログもあります…http://takamatukoudou.blog130.fc2.com/…
(私は給料の範囲でやってるので、カンパは必要ありません^^)


毎度のことですが、このビラ原稿の転載、引用、批判、こきおろし等、大歓迎であります。
スポンサーサイト

テーマ : 沖縄米軍基地問題
ジャンル : 政治・経済

コメント

非公開コメント

プロフィール

高松行動

Author:高松行動
小豆島から、沖縄・辺野古に基地建設のための土砂が運び込まれようとしています。沖縄の基地問題は、遠い沖縄の問題ではなく、本土の私たちが真剣に考えないといけない問題です。

みんなでできることを、しなやかに行動しましょう!
連絡は下のメールフォームからお願いします(^^)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
2010年国際ジュゴン年
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。