スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

沖縄意見広告運動(第二期) 呼びかけ・賛同のお願い

以前にも書きましたが、沖縄意見広告運動(第二期)の呼びかけ・賛同について。

沖縄意見広告運動(第二期) okinawaiken

【転送・転載歓迎】
■沖縄意見広告運動(第二期) 呼びかけ・賛同のお願い

 沖縄意見広告運動と申します。
 ご承知のように、3月11日に起こった東日本大震災により、東北・関東地方では地震・津波による深刻な被害がでております。数万人規模の死者・行方不明者が出ている一方、福島原発事故では、人体、環境への汚染の不安が広がっています。
 被災された方々には、心よりお見舞いを申し上げるとともに、1日も早く安心して暮らせる日が来ることを心より祈っております。
 私たち沖縄意見広告運動では震災以降、関連諸団体とともに「東日本震災緊急支援市民会議」を発足させて被災地へ生活物資を届ける等、被災者支援の活動を平行して行っており、今後もできるだけのことをしていきたいと考えています。
 しかしその一方、このような非常事態にも関わらず、在日米軍への「思いやり予算」が、これまで通りの内容で承認されました。これにより、11年度以降の5年間、年間1881億円という莫大な額を日本が負担することになります。しかも米政府は、更なる増額を求めています。私たちは、「米軍への思いやり予算を被災者支援・復興資金に」ということも同時に訴えていきます。


「今年の5月15日、沖縄県民大会に向けて、国内紙への沖縄意見広告を準備しています」
 わたしたちは、昨年5月に、「基地のない平和な沖縄、そして日本を」の願いをこめた沖縄意見広告運動を発起し、沖縄タイムス、琉球新報、朝日新聞3紙に全面意見広告を掲載しました(掲載紙面はHP参照)。短い時間にもかかわらず賛同者数は4,629件(個人・団体)を数え、掲載後も大きな反響を呼びました。
 残念ながら、県民大会や各種沖縄における選挙で示された「県内移設反対」の沖縄県民の意思や全国の平和を希求する人々の声は届かず、昨年5月28日、鳩山首相の辞任と引き換えの沖縄辺野古への移設の「日米合意」となりました。現在、管政権はこの5−6月にも訪米し、TPP参加や消費税増税などとともに、アメリカの言いなりに辺野古新基地建設を強行し、「日米同盟進化」を進めようとしています。
 わたしたちは、全国からの運動の継続を望む声に背中を押され、声を挙げ続けていこうと考えました。5−6月、管訪米時期にアメリカ向け広告を、沖縄の平和行進・普天間包囲時に国内紙に意見広告を掲載します。WEBサイトには、より詳しい「わたしたちの発意」も掲載しております。どうか、わたしたちの意とするところをお汲み取りいただき、呼びかけ、賛同をお引き受け下さいますように、心からお願い申し上げます。また周囲の方々への呼びかけも、あわせてお願いできればと思います。

○チラシをダウンロードできます。チラシの配布にご協力いただければ幸いです。
[表] http://www.okinawaiken.org/img/okinawaleaf01.pdf
[裏] http://www.okinawaiken.org/img/okinawaleaf02.pdf

○沖縄意見広告運動PRバナー
 沖縄意見広告運動PR用のバナーを用意させていただきました。この運動のこと、沖縄米軍基地のこと、一人でも多くの方に関心を持っていただきたいと思っています。よろしければ、皆様がお持ちのBlogやWEBサイトなどにもこのリンクバナーを掲示していただければありがたく存じます。バナーは複数のサイズがございますので、適当なものをお使いいただければと思います。
バナー配布ページ:http://www.okinawaiken.org/banner.html
※HTMLソースコードをご用意しました。よろしければご利用下さい。(”画像URL”は書きかえてください)
※画像HTMLのalt属性には“沖縄意見広告運動(第二期) okinawaiken”を入れていただけますようお願いいたします。

沖縄意見広告運動 発起人一同

■発起人(アイウエオ順)
安次富浩(名護・ヘリ基地反対協議会共同代表)
上原成信 (沖縄・一坪反戦地主)
尾形 憲(法政大学名誉教授)
大野和興(脱WTO・FTA草の根キャンペーン事務局長、日刊ベリタ代表)
武 建一(連帯労組生コン支部委員長、中小企業組合総合研究所代表)
山内徳信(参議院議員)
本山美彦(京都大学名誉教授、「変革のアソシエ」共同代表)

○わたしたちの発意
http://www.okinawaiken.org/initiative

○沖縄・意見広告運動(第二期)の活動内容
http://www.okinawaiken.org/activity

○こちらのページから、ご応募・賛同金振込みが可能です。(4月28日締め切り)
http://www.okinawaiken.org/recruitment

○意見広告掲載強調文後に、報告集会を何らかの形式で開催する予定です。
(関西と東京他で、諸運動との共同を大切にして、具体化します。)

−−−
沖縄意見広告運動
東京連絡先:東京都中野区中野2-23-1 ニューグリーンビル309 協働センターアソシエ内
tel:03-6382-6537 fax:03-6382-6538
関西連絡先:大阪市東淀川区淡路3-6-31 協働会館アソシエ内
tel:06-6328-5677 fax:06-6328-5777
web:http://www.okinawaiken.org/
e-mail:infoあっとokinawaiken.org

 (あっとを@に訂正してください…引用者より)
スポンサーサイト

テーマ : 沖縄米軍基地問題
ジャンル : 政治・経済

コメント

非公開コメント

プロフィール

高松行動

Author:高松行動
小豆島から、沖縄・辺野古に基地建設のための土砂が運び込まれようとしています。沖縄の基地問題は、遠い沖縄の問題ではなく、本土の私たちが真剣に考えないといけない問題です。

みんなでできることを、しなやかに行動しましょう!
連絡は下のメールフォームからお願いします(^^)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
2010年国際ジュゴン年
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。